写真フィルム「最大88%値上げ」…メーカー発表にSNS衝撃 嘆く販売店「利益削ってでも売るしかない」

   富士フイルムイメージングシステムズは2023年6月8日から、写真フィルムとインスタントカメラ(チェキ)の一部製品を値上げする。7日に公式サイトで発表した。

image
写真フィルム「最大88%値上げ」(写真はイメージ)

「仕方ないとはいえ溜め息しか出ない」

   部材・原材料価格、輸送コストなどの高騰が進んでいるとして、生産効率の向上や経費節減などを行ったものの、「企業努力のみで吸収することが困難」だと判断し、価格の改定に至った。

   商品によって異なるが、チェキ関連商品は4%から17%、写真フィルムは約13%から88%値上げをする。

   あわせて、原材料の調達不⾜を理由に3月末に注文受付を一時停止していた「カラーネガフィルム135サイズ」と「リバーサルフィルム135サイズ・120サイズ」については、12日から注文の受付を再開すると発表した。

   SNSでは「この値上げは辛い」「仕方ないとはいえ溜め息しか出ないです」などと驚いたり嘆いたりする声があがった。他のフィルム大手でも価格改定が続いている。

   フィルムカメラを取り扱う販売店の店主は、「悪循環を生み出している」と指摘する。

「ここ10年くらいフィルムカメラブームがあって、とくにこの5年でかなり盛り上がってきたんですよ。若い人を中心に。ところが、若い人が一生懸命アルバイトしたり給料の中から出したりして買ってきたフィルムがこんな値段になってしまえば、とても買えないでしょう」

   さらにフィルムの供給状況も悪く、「発注をかけても入ってこない」と明かす。都内で購入できなかった人が、在庫のある店を探し求めて他県まで足を運ぶことも多いという。新たなファンが定着しづらい状況になりつつある。

    店主は値上げせざるを得ない状況があることには理解を示している。ユーザーからも「製造してくれるだけでもありがたい」という声が寄せられているという。一方で、今回の値上げはあまりに急激であると不満を募らす。店で取り扱うカメラを販売するためにも、「利益を削ってでもフィルムを売るしかない」と話した。