米倉涼子、テレビ朝日『ドクターX』は劇場版で「終了」!!配給会社はまさかの「新相棒」に切り替え情報!

image
米倉涼子主演の『ドクターX』のポスター ※画像はテレビ朝日『ドクターX ~外科医・大門未知子~』公式インスタグラム「@doctorX_official」より

「私、失敗しないので」の決め台詞とともに、女優・米倉涼子(47)扮する天才外科医、大門未知子が数々の難手術に挑むテレビ朝日の医療ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』。

 2012年から7シーズンが制作されており、第6シリーズまでの平均視聴率は驚異の20%超えを誇る国民的ヒットドラマだ。そんなドラマの映画化が決定した、とウェブニュースサイト『NEWSポストセブン』(小学館)が報じたのは4月12日のことだった。

 記事によると、“続編が期待されていたが役柄のイメージが定着するのを嫌がった米倉サイドがシーズン8の制作を固辞。それでもテレ朝の熱心なアプローチに心が動き映画化を決断した”という。

 国民的ドラマの映画化となれば、製作するテレ朝は、クオリティ面でも、そして興行面でも失敗が許されないわけだが、「水面下では大きな動きがある」と言うのはテレ朝関係者だ。

「実は、この映画の配給が東宝さんになるということで、驚きの声が上がっているんです。テレ朝といえば、水谷豊さん(70)が主演し、2000年から放送されている人気シリーズ『相棒』は、ドラマの制作から東映さんが携わってきました。同ドラマは、スピンオフ含めて6作の映画が製作されていますが、そのすべてが当然、東映配給でした。

 また、テレビ朝日で米倉さんが主演し、2008年と2009年に連ドラとして放送された『交渉人 〜THE NEGOTIATOR〜』も、2010年に東映配給で映画化。東映とテレ朝は互いに株を持ち合っていますし、いわば、昵懇の間柄なんですが……」

内田有紀(47)や遠藤憲一(61)ら脇役も一流俳優ぞろいの『ドクターX』は、テレ朝が誇るドル箱コンテンツ。本来なら、深い関係にある東映配給で映画化されるのが業界の筋と思われるのだが……。舞台裏で何があったのか。

「東宝と東映では売上規模が違いますよね。東宝はTOHOシネマズという映画館を全国に持つ一方で、東映は渋谷TOEIや新宿バルト9など、直営する映画館の数も比較的少ない。ドル箱コンテンツの映画化とあって“絶対に負けられない”テレ朝が、東宝に乗り換えた形、と言えるかもしれません……」(前同)

■米倉涼子『ドクターX』の人気爆発とともに出世街道を突き進んだ敏腕女性プロデューサー

 スポーツ紙記者は言う。

「実は『ドクターX』は、今回報じられた映画化を持って終了するんです。この10年以上、テレ朝の秋クールドラマは米倉さんにおんぶに抱っこ状態でした。ただ、米倉さんのように年に1本しかドラマに主演しない大御所女優ともなると、役柄のイメージが定着するのを嫌がります。

 そのため、米倉さんも何度も続編の制作には難色を示してきたんです。そこを、度重なる交渉の末に映画化にまでこぎつけた。それだけにテレ朝としては、劇場版をなんとしても成功させたい、ということですよね」

 テレ朝は『ドクターX』が放送されなかった2018年には、米倉主演で『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』を制作。ドル箱コンテンツをいったん休み、「色をつけたくない」という米倉の意向を汲んでいるところを見るに、テレ朝もシリーズの存続に必死だったことが伺える。

 シリーズ完結を迎えることになるという大人気ドラマだが、テレ朝内では、どのように受け止められているのか。

「特に残念がっているのは、シリーズのプロデューサーを務め続け、昨夏、テレビ朝日の取締役に就任した内山聖子さんでしょうね。彼女は米倉さんとは一緒に温泉旅行に行くほどの仲で、公私ともに親しい。取締役就任も米倉さんとの『ドクターX』でのタッグがあってこそです」(前同)

 テレ朝屈指の敏腕プロデューサーも惜しむ、米倉涼子の“大門未知子卒業”。“卒業公演”を成功させるべくテレ朝の“新相棒”に選ばれたという東宝に、劇場版『ドクターX』の配給を担当するのかを尋ねると、

「未発表情報に関してはお答えしていません」

 とのことだった。

 テレ朝が“新相棒”とともに挑むという『ドクターX』最終作。主演の米倉は、「私、失敗しないので」を最後まで継続できるのか――。