格安SIM主要9サービスの通信速度を測定【2023年5月】:最速は3カ月連続であのキャリア

image
 格安SIMの契約時に最も注意が必要なのが通信速度です。格安SIMには大手と同等の速度が出るキャリアもあれば、昼や夕方に遅くなるキャリアもあります。そこで5月もオンライン専用プランやサブブランドを含む格安SIMの9サービスについて、実際の通信速度を測定しました。

速度測定の条件

 今回も以下の条件で格安SIMの速度を測定しました。

  • 測定期間:5月8日~12日
  • 測定場所:東京23区内(筆者の自宅)
  • 測定端末:Xperia XZ1など
  • 測定アプリ:ドコモスピードテスト
  • 測定したキャリア:ahamo、LINEMO、povo2.0、Y!mobile、UQ mobile、OCN モバイル ONE(新コース)、IIJmio、mineo、BIGLOBEモバイル
  •  ドコモ回線の格安SIMにはXperia XZ1 SO-01K、au回線にはXperia XZ1 SOV36、ソフトバンク回線にはXperia XZ1 701SOを用いています(一部対象外あり)。測定したのは4Gのデータ通信速度です。

     なお、通信速度は測定タイミングや測定したエリア、環境などによって大きく変動します。あくまで参考としてお読みください。

    ahamoの通信速度

     まずはahamo(アハモ)の通信速度です。全体的に4月よりやや遅くなりましたが、それでも十分速い速度です。昼の12時30分は遅い日でも50Mbps以上出ています。

    ahamo
    先月よりやや低下したが、それでも十分な速度。安定度も高い

     なお、ドコモ回線はここ最近、一部エリアで発生する「パケ詰まり」が話題です。筆者の測定では影響はありませんが、ahamoでも速度が遅い、つながらないといった口コミがあるようです。4月26日のドコモの会見では5Gエリアの拡張や4Gの周波数ごとの通信量の分散により、2023年夏までに解消すると発表しましたが、夏まで我慢できない人は他社への乗り換えや、他社SIMを副回線として契約するなどの対策も検討しましょう。

    ahamoで詳細をチェック

    LINEMOの通信速度

     LINEMO(ラインモ)も速いです。昼も含めてほとんどの時間で50~60Mbpsほどの速度が出ており、非常に安定しています。

    LINEMO

    常時50~60Mbps出ており1日中快適だ。速度の変動も少ない(測定端末はZenFone 3)

     LINEMOは月20GBだけでなく月3GBのプランも選べるので、データ使用量が少ない人にもオススメです。3GBプランは月額料金が6カ月実質無料になるキャンペーンも実施中です。

    →・LINEMOをオススメできる人、できない人【2023年1月】:毎月3GBで十分という人は1月中に申し込むべし

    LINEMOで詳細をチェック

    povo2.0の通信速度

     povo2.0も速いです。昼も含めて1日中速く、安心して使えるでしょう。5月10日(水)18時だけなぜか遅いですが、測定上の異常値と思われるので、気にする必要はないでしょう。

    povo
    povo2.0も1日中速い。12時30分は常時70Mbps以上をキープしている

     povo2.0は使いたいときだけデータ容量を追加購入(トッピング)する料金プランです。大手キャリアでは副回線サービスを開始しましたが(ドコモの個人向けは6月開始)、副回線サービスを契約するよりpovo2.0を併用した方がお得です。半年間は無料で回線を維持できるので、通信障害などに備えて契約しておくのもオススメです。

  • povo2.0をオススメできる人、できない人【2023年3月】:実は月20GBや25GBなら他社より安い、サブ回線にも最適
  • Y!mobileの通信速度

     今回の測定で最も速いキャリアはY!mobile(ワイモバイル)でした。3月、4月に続いて3カ月連続のトップです。100Mbpsを超えることも多く、1日中快適に使えるでしょう。

    Y!mobile
    今回も最速のキャリアはY!mobileだった。昼も速く、100Mbpsを超えた日も多い

     Y!mobileは全国の店舗でサポートが受けられるため、格安SIMが初めての人にもオススメです。ただし店舗では手数料がかかり、6月1日からは3850円(税込み、以下同)に値上げされます。Webなら無料なので、できるだけWebで手続しましょう。

  • Y!mobileをオススメできる人、できない人【2023年1月】 家族で契約、毎月25GB以下なら断然お得
  • Y!mobileオンラインストアで詳細をチェック

    UQ mobileの通信速度

     UQ mobile(UQモバイル)の通信速度も1日中速いです。今月は速度の変動がやや大きいものの、常時十分な速度が出ており安心して使えるでしょう。

    UQ mobile
    UQ mobileは40~60Mbpsほど出ていて速い。速度面の心配は不要だろう。

     UQ mobileも全国の店舗でサポートが受けられますが、こちらも各種事務手数料が3850円に値上げされました。Y!mobileはWebなら無料でしたが、UQ mobileはWebでもほぼ同じ額の手数料がかかります。ただ、これから契約する場合はWebなら各種キャンペーンでお得に契約できるので、店舗よりWebがオススメです。

  • UQ mobileをオススメできる人、できない人【2023年2月】:月25GB以下で十分ならauから乗り換えるべき
  • UQ mobileオンラインショップで詳細をチェック

    OCN モバイル ONEの通信速度

     4月に昼12時30分の速度が大きく低下したOCN モバイル ONEの新コースは、今月も遅い日がありました。5月8日~5月10日は昼でも非常に速いものの、5月11日と5月12日は1Mbps台と遅いです。5日のうち3日は速いので回線の混雑による速度低下ではないと思いますが、判断に迷う結果となりました。

    OCN モバイル ONE
    今月も昼以外は常に速いが、12時30分の速度は速い日と遅い日に分かれた。1Mbps台の日も2日ある

     5月は日によって速度の差があまりに大きく、評価が難しいです。通信速度を定点観測している他サイトでは昼でも速いため恐らく問題ないと思いますが、6月以降どうなるか引き続き検証を続けます。

    OCN モバイル ONEで詳細をチェック

    IIJmioの通信速度

     IIJmioはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAが選べます。

     タイプDの12時30分は平均2.65Mbpsでした。他の時間に比べると遅いですが、5月は最も遅い日でも1.5Mbps以上出ています。1.5Mbps出ていれば動画視聴も含めほとんどのことは問題なくできるでしょう。決して速くはないものの、最低限の速度は出ています。

     また、5月12日(金)以外は夕方18時も快適でした。ただし4月も3月も夕方に遅いことがあったので、18時~20時頃にも警戒が必要です。特に金曜日や祝前日は遅くなりやすいので注意してください。

    IIJmio
    タイプDの12時30分は1.5Mbps以上出ており、最低限の速度はキープ。ただし夕方にも注意が必要だ

     タイプAも昼に速度が低下します。12時30分の平均は1.42Mbpsで、全体的にタイプDよりも遅いです。また、4月は夕方18時は遅くても5Mbps以上でしたが、5月は1~2Mbps台の日がありました。通常時は相変わらず快適ですが、混雑時の速度は4月よりも低下しています。

    IIJmio
    昼は1Mbps強でタイプDより遅い。夕方の速度も先月より低下した

     IIJmioのギガプランは料金が安く、4月には一部プランのデータが料金据え置きで増量されました。他社は安くても月3GBで月額990円程度ですが、IIJmioは月5GBで990円です。昼や夕方の通信速度はやや遅めですが、それほどスマホを使わない人は料金面のメリットが上回るかもしれません。

    mineoの通信速度

     mineoはドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアの回線を使ったプランが選べます。

     ドコモ回線のDプランは4月より遅くなりました。12時30分や夕方18時だけでなく、8時30分も1Mbps以下に落ち込みます。ここ数カ月はmineoの3回線の中では最も遅いです。

    mineo
    昼だけでなく朝夕の通勤ラッシュ時も1Mbps以下。朝にここまで遅くなるキャリアは珍しい

     au回線のAプランも昼に速度が低下します。12時30分は5日の測定のうち3日が1Mbps以下で、夕方も1Mbps以下になることがあります。8時30分もやや不安定で、全体的に4月より遅くなりました。

    mineo
    Aプランも先月より低下。昼だけでなく夕方も1Mbps以下に落ち込むことがある

     mineoの3回線の中で最も速かったのは、5月もソフトバンク回線のSプランです。12時30分のは最も遅い日でも3Mbps以上出ており、ほとんど何でも快適にできるでしょう。夕方も速度は低下するものの、最低限の速度はキープしています。

    mineo
    Sプランは12時30分でも3Mbps以上出ており、MVNOの中では速い。5月は夕方も最低限の速度が出ていた。

     mineoではここ数カ月、Sプランの速度が最も速いです。ソフトバンク回線が選べるMVNOは少なく、ソフトバンクで買ったスマホもそのまま使えます。ただし、速度面ではLINEMOやY!mobileの方が断然オススメです。

    BIGLOBEモバイルの通信速度

     BIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAが選べます。

     タイプDは昼に速度が遅くなります。12時30分は先月に続いて1Mbps以上をキープしましたが、13時前までは使用に影響が出るでしょう。ただ、5月は夕方の落ち込みが少なく、昼以外は快適に使えます。昼以外は先月より速くなりました。

    BIGLOBEモバイル
    タイプDは昼に1Mbps台に低下するが、それ以外は常時快適。今月は夕方も速い。

     今月も測定したキャリアで最も遅かったのはBIGLOBEモバイルのタイプAでした。12時30分はほぼ1Mbps以下で、回線があまり混雑していない時間帯でも不安定です。2023年に入ってからこの状態が続いており、速度面ではオススメできません。

    BIGLOBEモバイル
    タイプAは昼以外も不安定で遅い。今月も最も遅いキャリアだった。

     BIGLOBEモバイルはどちらの回線を選んでも料金は同じなので、今は速度が速いタイプDを選びましょう。ただし料金は他社より高いため、YouTubeなどが見放題のエンタメフリー・オプションが不要なら他キャリアがオススメです。

     以上、5月の格安SIMの通信速度測定結果でした。これから契約する人はぜひ参考にしてください。ただし通信速度は測定タイミングや測定エリア、周囲の環境、測定端末などによって大きく変動するので、本記事の結果はあくまで参考として活用してください。