〈紀州のドン・ファン死亡事件〉遺産総額約50億円のはずが…自宅の大型金庫に残されていなかった“消えたカネの行方”

『紀州のドン・ファン殺害』より#1

 美女4000人に30億円貢いだ「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(当時77歳)。彼が不審な死を遂げ、元妻・須藤早貴氏(当時25歳/以下さっちゃん)が殺人容疑で逮捕されて2年が経つ。稀代の「好色資産家」が遺した30億円とも50億円とも言われる遺産はどのような行方を辿ったのだろうか。ここでは『紀州のドン・ファン殺害「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相』より一部抜粋。カネは誰の手に――。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

家宅捜査の最大の目的は巨大金庫の解錠だった

 6月20日の朝8時すぎ、和歌山県警の捜査車両が田辺市朝日ヶ丘にあるドン・ファンの会社アプリコの前に集結した。5月のときと同様、会社前の道路約100メートルが封鎖され、大がかりな家宅捜索が始まった。

image

野崎氏の自宅 ©文藝春秋

 しばらくするとバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨が襲ってきたが、白い雨合羽の警官たちは怯むことなく家宅捜索を続けた。この日の家宅捜索は事前に警察が発表していたので、朝から大勢のマスコミがその様子を撮影している。

 この家宅捜索の最大の目的は、会社2階にある巨大金庫の開錠だった。

 アプリコが入っている4階建てのビルは、築年数約25年の鉄筋コンクリート造りである。1階には60平方メートルほどの事務室があり、そこに今は亡きドン・ファンと従業員たちの仕事机が並んでいる。

 2階以上はワンルームマンションになっており、以前は従業員が住んでいたが、今は誰も住んでおらず、従業員の休憩場所になっている部屋もある。その2階のいちばん奥に、「金庫部屋」と従業員たちから呼ばれている開かずの間がある。その部屋には高さ170センチを超える両開きの大型金庫と、それよりは背が低い1メートルほどの金庫が置かれている。

 前述したように、アプリコには5月26日に1度目の家宅捜索が入っている。そのとき、金庫部屋に捜査員が入ったものの、金庫の鍵が見つからなくて開錠できなかったのだ。金庫の鍵はドン・ファンが自分で管理しており、その場ではどうしようもないので捜査員たちもあきらめた。その後、あらためて田辺市内の鍵屋に依頼し、この日に開錠することになっていた。

「さすがはプロというか、そう時間もかからずに金庫は開けられたんです」

 アプリコ関係者で捜索に立ち会ったのは番頭のマコやん1人だけだった。捜査員らとマコやんが固唾を呑んで見守るなか、2つの金庫が開けられた。

ついに開けられた1メートルほどの金庫には…

 ところが、である。大型金庫に入っていたのは古いスーツとネクタイなど。そして小型金庫のほうも、土地建物の権利書などの書類が入っているだけだった。

「そこにいる誰もが拍子抜けしました。私も現金が入っているとばっかり思ってたんですけど、こりゃあ別のところにあるんだな、と……」

 マコやんがそう思うのには理由がある。聞けば、ドン・ファンはたえず多額の現金を移動させていたというのだ。

「社長は現金をどこに置いておくかを、いつも考えていました。大型トランクをガムテープでぐるぐる巻きにして、それを信頼できる従業員に運ばせて、近所の家などに預けていたんです。私も運んだことがありますが、重さからしてトランクの中には2億円くらいの現金が入っていたのではないかと思います」

 トランクは会社の金庫部屋に置かれることもあったが、自宅や知人の家に「隠される」ことが多かったという。ドン・ファンは過去にマルサに摘発された経験がトラウマとなっており、苦労して作った隠し資産の存在がバレないように、定期的に置き場所を変えていたのだ。貸金業はもうやっていないが、どうしても貸して欲しいという知人には、そこから金を貸すこともあった。マコやんが続ける。

「社長の資産と言えば、銀行に数億円の貯金があるし、証券会社の口座にも数億円が残っています。ただ、それらとは別に、社長の隠し資産があることは従業員なら皆知っていることでした。金庫に現金がなかったということは、どこかに移動させて置いてあるということです。トランクは相当重かったので、社長一人では絶対に持ち運びできない。だから信頼できる従業員を使って移動させていたのです」

image

野崎氏

「大きなトランクはすごく重くて40キロくらいありました」

 実際にドン・ファンから「荷物」を預かったという、近所の一軒家の主人から話を聞いた。

「うん。たしかに何回か預かりましたよ。朝5時頃、周囲に誰もいないのを確認しながら、ガムテープでぐるぐる巻きにした大型のトランクを若い従業員が運んできて、うちの家の階段の下に置くんです。大体1週間くらいで引き取りにくるんだけど、1回につき4万円ぐらいお礼を置いていきましたね」

 ドン・ファンとこの主人の関係が崩れたのは、約1年半前のことだった。

「引き取りにきたときに社長が『ガムテープがはがれているやないか。お前見たな』と言いがかりをつけてきたんです。いくら『見ていない』と言っても水掛け論で、それ以来、私を盗人呼ばわりするような電報や抗議書を社長が送ってくるようになりました。それで私は警察にも相談したんですわ。それ以後は一度も預かっていません」

 ドン・ファンの死後、警察はこの主人にも事情を聴いている。

「葬儀があったころ(5月30日)警察に呼ばれました。そしてトランクの写真を見せられて『これでしたか?』と確認させられたんです。大きさが少し違っているような気もしましたが、ガムテープでぐるぐる巻きにしてあったので、多分間違いないと答えました」

 はたしてトランクと中身の2億円はどこに消えたのか? 社長の信頼が厚く、運び屋を任されていたアプリコの元従業員から話を聴くことができた。

「僕も何度も運んでいました。金庫部屋と自宅を往復したり、ある人の家に運んだりもしました。他の従業員にそのことを喋るのは社長から固く禁じられていましたが、僕が運んでいるのは薄々気づかれていたと思います。大きなトランクはすごく重くて40キロくらいありました。もう一つ、別の小さいバッグを一緒に運んだこともあります」

――なぜ中身が2億円の現金だとわかるんですか。

「社長は現金主義です。金の延べ棒なら、腐らないから庭にでも埋めておけばいいですからねえ。トランクの重さも入れて考えると2億くらいだと思ったんです。小さいバッグのほうはガチャガチャと金属音がしましたから、そちらが金の延べ棒だったのかもしれません」

 1万円札1枚の重さは約1グラム。10キロで1億円、20キロで2億円になる。トランク自体の重さも含めると、計算は合う。

2億円はどこにいってしまったのか

――最後に運んだのはいつ?

「3年ほど前に会社の金庫に入れたのが最後です。2億円の行方は社長が死ぬ前か死んだ後に最後に荷物を運んだ者が知っているんじゃないですか」

――その件で、警察から事情聴取された?

「いえ、何も聴かれていません。僕が社長からの信頼が厚かったのは間違いなかったですけど、警察は辞めた従業員まで把握してないのとちゃいますか」

 はたして最後に現金を動かしたのは誰なのだろうか。マコやんが言う。

「従業員の一部が、ボク(マコやん)が最後に運んだとマスコミに吹聴しているようですが、それは事実ではありません。警察が捜査をしていることですから、そのうち真相が解明されるのではないでしょうか」

 さっちゃんが世間から疑惑の目を向けられるのは、莫大な遺産を相続するからだ。そのカゲに隠れてあまり話題にもなっていないが、この「消えた2億円」も、殺害の動機になりうると私は考えている。ドン・ファンが死ねば、このカネの詳細を知るものは世の中に一人もいない。犯人が、それを我が物にしようと考えたとしたら――殺す理由としては十分かもしれない。もっと少ない金額が原因で起きている殺人事件は、いくらでもある。

遺産は結局いくらあるのか

 7月11日、ドン・ファンの自宅で四十九日法要がしめやかに行われ、さっちゃんとマコやんらベテラン従業員でドン・ファンの成仏を祈った。マコやんが言う。

「どうやら8月の初盆が終わるまで、彼女は田辺にいるようです。まだ決まっていないお墓のこともあるし、やらなければならないことが沢山ありますから」

 やらなければならないこと――その中でさっちゃんにとって最も重要なのは、遺産の額の確定と、その相続だろう。前章でも触れたように、さっちゃんが依頼した弁護士たちも、マスコミ対策より遺産問題に注力している。

 だが、ドン・ファンはそこらの資産家とはワケが違う。本人しか知らないことが山ほどあったし、いろいろ常識外れの部分もあることは、ここまで読み進めた読者なら理解していただけるだろう。

 だから、遺産額の確定は、それほど生やさしいことではない。私なりに、財産の全貌について取材してみた。

 会社関係者が言う。

「数行の銀行に預けている預金がだいたい7億円くらい。それから、証券会社が管理している株も、同じく7億円分くらいあると思います」

 ここまではわかりやすい。関係者が続ける。

「問題は、貸金業で貸し付けたカネで、まだ回収していないものが多々あります。おそらく数億円に上ると思いますが、正確な計算はまだできていません。というのも、6月20日に会社にガサ(家宅捜索)が入ったときに、貸金業の帳簿をすべて押収されてしまったので、計算できないんです」 押収された貸金の顧客ファイルは1000冊以上あったという。警察はその中から怪しい人物、社長に恨みを抱いていそうな人物を探したいのかもしれないが、顧客は北海道から九州まで散らばっており、その捜査は簡単ではないだろう。