【コンビニコーヒー比較】どこが美味しい?値段やサイズを比べてみた!おすすめも紹介

大手コンビニ4社のコーヒーを比較します。味、値段、サイズ、各社の気になる特徴を紹介していきますよ。

コンビニコーヒーを徹底比較!どうせ飲むなら、美味しいお気に入りのコーヒーを飲みたいもの。「どこが美味しいのかわからない…」と迷っている方必見です。今回は、大手コンビニ4社で市販されているコーヒーを比較検討しました。

■コンビニコーヒーの種類は大きく分けて2種類

image
出典:PIXTA ※画像はイメージです

コンビニのマシンを使って淹れるコーヒーには、大きく分けて2つの種類があります。

・ドリップタイプ

フィルターを使って、少しずつコーヒーを抽出するドリップタイプ。コクがあり、かつ飲みやすいところが特徴です。『セブンイレブン』と『MINI STOP(ミニストップ)』では、ドリップタイプのコーヒーが購入できます。

・エスプレッソタイプ

コーヒー豆に圧力をかけて、短時間で抽出をするエスプレッソタイプ。少ないお湯にぎゅぎゅっとコーヒーの旨みが凝縮されており、濃厚な味わいです。『FamilyMart(ファミリーマート)』と『LAWSON(ローソン)』では、エスプレッソコーヒーが購入できます。
続いて、コンビニ各社で販売されているコーヒーの種類について、詳しく紹介します。

■【セブンイレブン】苦味と酸味のバランスが絶妙な飲みやすいコーヒー


出典:セブンイレブン

コンビニの美味しいコーヒーランキング上位にいつも食い込んでいるセブンイレブン。セブンのコーヒーの種類や値段、味の特徴などを紹介します。

・種類

セブンには基本のコーヒーメニューはもちろん、高級豆を使用したプレミアムなコーヒーまであります。期間限定のコーヒーメニューもあるようです。

・サイズ、量と値段

【7カフェコーヒー】

商品名
サイズ・量
値段

ホット
R(レギュラー)
L(ラージ)
110円(税込)
180円(税込)

アイス
R(レギュラー)
L(ラージ)
110円(税込)
210円(税込)

【7カフェ高級コロンビア・スプレモブレンド】


出典:セブンイレブン

商品名
サイズ
値段

7カフェ高級コロンビア・スプレモブレンドホット
R(レギュラー)
L(ラージ)
140円(税込)
195円(税込)

7カフェ高級コロンビア・スプレモブレンドアイス
R(レギュラー)
L(ラージ)
140円(税込)
235円(税込)

【7カフェ カフェラテ】

商品名
サイズ
値段

ホット
R(レギュラー)
L(ラージ)
180円(税込)
240円(税込)

アイス
R(レギュラー)
L(ラージ)
220円(税込)
290円(税込)

【セブンカフェ ブルーマウンテンブレンドホット】

商品名
サイズ
値段

ホット
R(レギュラー)
220円(税込)

※値段は、軽減税率8%・1円未満切り捨てで記載しています
※「セブンカフェ ブルーマウンテンブレンドホット」は、期間限定メニューです

・味の特徴

豊富な種類があるセブンカフェのラインアップ。「7カフェコーヒー」は、すっきりとした飲み口と奥ゆかしい香り、深いコクが印象的なんです。セブンカフェでは最もベーシックなコーヒーで、苦味と酸味のバランスが整っています。
コロンビアコーヒーの中でも、高品質な豆だといわれている「コロンビアスプレモ」を使っているのが「7カフェ高級コロンビア・スプレモブレンド」です。飲むと、締まりのあるコクと深みがマッチして口に広がります。7カフェコーヒーと比べると、酸味は弱め。苦味がありつつ甘味もある高級志向のコーヒーです。
セブンのコーヒーはどれも評価が高めなので、行くたびにいろいろなコーヒーを飲んでみると良いですね。

■【ローソン】商品ラインアップが豊富!カフェインレスも


出典:LAWSON(ローソン)

ローソンには「MACHI cafe(マチカフェ)」があり、豊富な種類のコーヒーがそろっています。

・種類

コーヒーの種類の豊富さは、業界トップレベルのローソン。スタンダードなコーヒーはもちろん、カフェインレスやマキアートなど、さまざまな人が飲めるラインアップがそろっています。ココアや紅茶、ミルクもあるので、家族そろってカフェを楽しめますよ。大人も子どもも、良い時間を過ごせそうですね。

・サイズ、量と値段

出典:PIXTA ※画像はイメージです

【コーヒー】

商品名
サイズ・量
値段

コーヒー
S
M
L
110円(税込)
180円(税込)
210円(税込)

アイスコーヒー
S
M
110円(税込)
220円(税込)

メガホットコーヒー

300円(税込)

メガアイスコーヒー

300円(税込)

【カフェラテ】

商品名
サイズ・量
値段

カフェラテ
M
L
180円(税込)
240円(税込)

アイスカフェラテ
M
220円(税込)

メガホットカフェラテ

300円(税込)

メガアイスカフェラテ

360円(税込)

【カフェインレス】

商品名
サイズ・量
値段

カフェインレス コーヒー
S
S ポーションタイプ
170円(税込)
170円(税込)

カフェインレス アイスコーヒー
M
M ポーションタイプ
220円(税込)
220円(税込)

カフェインレス カフェラテ
M
M ポーションタイプ
220円(税込)
220円(税込)

カフェインレス アイスカフェラテ
M
M ポーションタイプ
220円(税込)
220円(税込)

【その他カフェメニュー】


出典:LAWSON(ローソン)

商品名
サイズ・量
値段

YOASOBIタイアップハニーカフェラテ

280円(税込)

ダブルエスプレッソラテ

230円(税込)

アイスダブルエスプレッソラテ

230円(税込)

カフェモカ

210円(税込)

アイスカフェモカ

210円(税込)

ミルクココア

210円(税込)

アイスミルクココア

210円(税込)

※YOASOBIタイアップハニーカフェラテは期間限定メニューです ​​​​​

商品名
サイズ・量
値段

ダージリンティー

180円(税込)

アイスアールグレイティー

180円(税込)

メガアイスアールグレイティー

330円(税込)

商品名
サイズ・量
値段

ロイヤルミルクティー

210円(税込)

アイスミルクティー

210円(税込)

メガアイスミルクティー

390円(税込)

商品名
サイズ・量
値段

アイスほうじ茶ラテ

230円(税込)

キャラメルマキアート

230円(税込)

アイスキャラメルマキアート

230円(税込)

ホットミルク

130円(税込)

アイスミルク

150円(税込)

・味の特徴

ローソンは、エスプレッソをお湯で薄めたアメリカーノが飲めます。軽い口当たりで、苦みが強め。その苦味がミルクとマッチするんですよ。
妊婦さんでも飲むことができるカフェインレスのコーヒーもローソンにはあります。普通のローソンのコーヒーよりも酸味が弱く、飲みやすい印象。しかし、アイスは苦味まで薄まってしまうので、好みが大きく別れてしまいそうです。

■【ファミリーマート】追加料金なし!コーヒーをより濃く♪


出典:FamilyMart(ファミリーマート)

焙煎など、妥協のない作業工程が特徴。豆を選ぶところからこだわり抜いたコーヒーを扱っているのがファミマです。

・種類

カフェメニューの王道、コーヒーやカフェラテを扱っているファミマ。「ブレンドコーヒー」のS・Mサイズは、追加料金なしで味を濃くできます。「眠気がやばい!」と濃いめのコーヒーが飲みたい人には、コスパ抜群です。

・サイズ、量と値段

【コーヒー】

商品名
サイズ・量
値段

ブレンド
S
M
L
110円(税込)
180円(税込)
210円(税込)

ブレンド濃いめ
S
M
110円(税込)
180円(税込)

アイスコーヒー
S
M
L
110円(税込)
210円(税込)
290円(税込)

【カフェラテ】


出典:FamilyMart(ファミリーマート)

商品名
サイズ・量
値段

カフェラテ
M
L
180円(税込)
210円(税込)

アイスカフェラテ
M
L
210円(税込)
290円(税込)

【その他カフェメニュー】

商品名
サイズ・量
値段

モカブレンド

140円(税込)

ホットミルク

110円(税込)

・味の特徴

ファミマのコーヒーは、深煎り豆の配合量を増やして、甘さを引き立てているのが特徴です。酸味が控えめで雑味はありません。ガツンと苦味があるので、眠気を覚ましたいときに持ってこいのコーヒーです。
ファミマは毎年のようにコーヒーをリニューアルしているのでたまに「今回のリニューアルはまずい」なんて声も。しかし好みは分かれるかもしれませんが、毎年支持する声もとっても多いんですよ♡リニューアルしても苦味は建材。苦いのが得意でない人は、追加で砂糖などを入れて調節してみてくださいね。

■【ミニストップ】環境にも配慮!サステナブルなコーヒーを


出典:MINI STOP(ミニストップ)

主に、関東・中部地方にお店を構えるミニストップ。環境に配慮したサステナブルコーヒーを販売しています。

・種類

コーヒーやカフェラテはもちろん、環境に配慮したコーヒーも。ベトナムのコーヒー豆を使って、急な価格変動が起こっても、安定した金額で取引や販売ができる取り組みをしています。

・サイズと値段

【コーヒー】

商品名
サイズ・量
値段

プレミアムマンデリンブレンド

140円(税込)

アメリカンコーヒー
S
M
110円(税込)
180円(税込)

ホットコーヒー
S
M
110円(税込)
180円(税込)

アイスコーヒー
S
M
L
110円(税込)
180円(税込)
210円(税込)

【カフェラテ】

商品名
サイズ・量
値段

こだわりミルクのホットカフェラテ

210円(税込)

こだわりミルクのアイスカフェラテ

210円(税込)

【フェアトレードシリーズ】


出典:MINI STOP(ミニストップ)

商品名
サイズ・量
値段

フェアトレードホットコーヒー

220円(税込)

フェアトレードアイスコーヒー

220円(税込)

フェアトレードアメリカンコーヒー

220円(税込)

フェアトレードホットカフェラテ

280円(税込)

フェアトレードアイスカフェラテ

280円(税込)

※値段は、軽減税率8%・1円未満切り捨てで記載しています
※フェアトレードコーヒーシリーズは、一部店舗限定メニューです

・味の特徴

コーヒーを淹れてから時間がたって冷めてしまっても、美味しい仕上がりになっています。
コクとコーヒー豆の華やかな香りが、洗練された味わいを生み出すのです。長時間かけてコーヒーを飲むのが好きな人は、ミニストップのコーヒーがおすすめです。
「プレミアムマンデリンブレンド」は、最高等級豆を使っています。そのエレガントな苦味とスイートな香りは、特別感のあるコーヒータイムへいざなってくれますよ。

■コーヒーの買い方は?コンビニ別に紹介

出典:PIXTA ※画像はイメージです

コンビニによってマシンの使い方は違います。コンビニそれぞれのコーヒーの買い方を紹介します。

・セブンイレブン

1.アイスは冷凍ケースから、ホットはレジで声をかけてカップを購入します。
2.レジ周辺にコーヒーマシンがあるので、買ったカップをセットしましょう。
3.ボタン式のマシンの場合は、購入したコーヒーのボタンを押してください。タッチパネル式のマシンは、購入した商品を自動判別してくれますよ。
4.タッチパネル式のマシンはコーヒーの濃さを選べます。好みがあれば選択しましょう。
【注意】
タッチパネル式のマシンでコーヒーを淹れるときに、濃さを選べますが、対応しているのは「7カフェ ホットコーヒー」「7カフェ アイスコーヒー」のみです。

・ローソン

1.レジでカップを購入します。
2.タッチパネルで注文したドリンクを選びましょう。ホット・アイスとそれぞれのメニューごとにわかれていますよ。
3.マシンから抽出が終わったら、マシンから出してフタをして完了です。
ローソンは、基本的にレジで注文したら店員さんがコーヒーを淹れてくれます。マシンを使って自分で淹れる店舗もありますよ。

・ファミリーマート

出典:PIXTA ※画像はイメージです

1.アイスは冷凍ケースから、ホットはレジで声をかけてカップを購入します。
2.レジ周辺にコーヒーマシンがあるので、購入したカップをセットしましょう。
3.購入した商品のボタンを押してコーヒーを淹れます。
【注意】
コーヒーが濃くできるのは、ブレンドコーヒーのS・Mサイズだけです。Lサイズは対応していないので注意してくださいね。また、商品名とボタンの位置が遠いため、押し間違いすることも。ボタンを確認して、気をつけて押してくださいね。

・ミニストップ

1.レジでカップを購入します。
2.レジ周辺にコーヒーマシンがあるので、購入したカップをセットしましょう。
3.購入した商品のボタンを押してコーヒーを淹れます。
ミニストップのコーヒーマシンは、ホット・アイスで列分けされています。左がホット・右がアイスになってますよ。

■タンブラーやマイボトルの持参はアリ?割引はある?

出典:PIXTA ※画像はイメージです

コンビニ各社で、タンブラーやマイボトルにコーヒーを淹れられるかどうかルールが異なります。
ローソンは、タンブラーやマイボトルを持参すると10円引き。ただし、マシンにセットできないとコーヒーを淹れられないので、ボトルは高さ15cm以下で160ml以上入るものがおすすめです。
セブン・ファミマ・ミニストップは、ボトルに淹れるサービスは行っていません。自分でカップに淹れてからボトルに移し替える必要があります。

■お気に入りのコンビニコーヒーを見つけてみて!

今売上を伸ばしている、コンビニ各社のコーヒーを比較しました。その日の気分に合わせて購入するお店を変えてもいいですね。味や値段、淹れ方はコンビニによって違うので、自分のお気に入りを見つけてみましょう。ぜひ、コーヒータイムに「うまい!」と、ひと息ついてくださいね♡