なんで「4月1日生まれ」と「4月2日生まれ」は違う学年になるの?

なんで「4月1日生まれ」と「4月2日生まれ」で学年が変わるの?

前々からとても疑問に思っていることがあります。

なぜ、「学年」は、4月2日から翌年の4月1日までで分けられているのでしょうか。
なぜ、4月1日生まれの人は1つ上の学年になるのでしょうか。

キリよく「4月1日から翌年の3月31日までが1学年でいいじゃないか」と思いませんか?

image

学校のことと言えばやっぱり文部科学省だろう! というわけで、文部科学省の説明をチェックしてみました。すると、こんな法律があるようです。

学校教育法(以下「学教法」)を見てみましょう

【小学生:第17条第1項】

「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、(中略)これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」

【学年っていつからいつまで?施行規則第59条】

「小学校の学年は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。」

法律ではしっかりと「4月1日に始まり、3月31日に終わる」と規定されています。

学年は4月1日から3月31日までと法で定められているのに、どうして子どもの学年の分け方は「4月2日から翌年4月1日まで」なのでしょうか…? 謎は深まるばかりです。

そこで、この謎のカギを握っていそうな「満6歳に達する日」というのはそもそもいつなのか、見ていきましょう。


年をとるタイミングに、秘密のカギがあった

「年齢計算ニ関スル法律」「民法第143条」にその考え方が示されています。

それによると、「誕生日の前日が終了するとき(深夜12時)に年をひとつとる(=満年齢に達する)」と定められています。

つまり、4月1日生まれの人は、法律上では3月31日(の、深夜12時)に年を取っているのです。
ものすごく簡単にわかりやすく説明すると、

【4月1日生まれの子】

3月31日の深夜12時に「満6歳」になる
→早生まれ扱いになり、1つ上の学年へ

【4月2日生まれの子】

4月1日の深夜12時に「満6歳」になる

ということです。なんとなくこれで「なるほど」とわかってきたのではないでしょうか。


たとえば今年、2023年なら……。

2023年の4月1日に小学校に入学するのは、2016年4月2日から、2017年4月1日の間に生まれた子どもたちです。

「子の満6歳に達した日の翌日以後(=要するに誕生日当日)における最初の学年の初め(=4月1日)から、就学させる義務を負う」を、具体的な日付で見ていくと、

2016年4月1日生まれ→2022年3月31日に満6歳になったので、2022年4月1日にひとつ上の学年で入学済み。今度から小学2年生。

2016年4月2日生まれ→2022年4月1日に満6歳になったので、「翌日以後の学年のはじめ」は2023年4月1日。よって今年小学校入学。入学式の時点でもう7歳。

2017年4月1日生まれ→2023年3月31日に満6歳になったので、「翌日以後の最初の学年のはじめ」である2023年4月1日に入学。6歳になりたてほやほや。

2017年4月2日生まれ→2023年4月1日に満6歳になったので、「翌日以後の最初の学年のはじめ」は2024年の4月1日。つまり来年小学校入学。

ということです。

つまり「学年が4月1日~翌年3月31日」と定められていることにより、実際のところ対象となるのは、誕生日が「4月2日~翌年4月1日」という事態が発生しているようです。調べれば調べるほどややこしいことになっています。


「誕生日の前日が終了する24時」に年を取る理由

ところで、なんでそもそも「当日の0時」ではなく「誕生日の前日が終了する24時」に年を取るという面倒なことにしているのかというと…これは4年に1度しかやってこない「2月29日生まれの人への配慮」です。

年を重ねるタイミングを「当日の0時」にしてしまうと、法律上、4年に1度しかやってこない2月29日生まれの方は、4年に1度しか年を取らないことになってしまいます。これを「誕生日の前日が終了する24時」にしておくと、2月29日生まれの方は、毎年「2月28日の24時」にきっちり年をとっていく計算になります。