「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」とはどんな意味?その由来は?

image

春の訪れを知らせるように咲く梅と桜。
この梅と桜の両方を用いた言葉として「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」があります。

この言葉、桜を切るのが愚かとされるのになぜ梅は切らない方が馬鹿だと表現する形式になっているのでしょうか。

そこでここでは、この「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」という言葉についてその意味や成り立ちについて解説するとともに、梅や桜にまつわる言葉についてもご紹介します。

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」は木の特性の違いから生まれた

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」は、それぞれの植物の特性から生まれたとされた言葉です。

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」の意味

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」は、物事や常識を知らないことを批難することもしくは揶揄する際に用いられる言葉になります。
これは、桜と梅それぞれの特性から剪定方法が異なる事を知らないだなんて梅や桜を育てる上でありえない、という事から来ています。

世間知らずや非常識の人に用いる事もありますが、植物によって剪定方法が異なるのだという点をあらわしている言葉として用いられる事があります。

他にも、現代的な用い方として教育や指導の場面での使用というのもあります。
梅と桜で剪定の仕方が異なるように、人には向き不向きがあったり適正の有無といったものがあります。
なので画一的ではなく、それぞれ違いがあることを承知して対応に当たる必要があるというのがその場合の意味合いとなります。

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」の成り立ち

剪定の仕方が異なるとされることに由来する「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」。
では、梅と桜の両者にはどのような剪定に関する違いがあるとされるのでしょうか。

梅は、生えてきた枝を細かく剪定していかないとせっかく整っていた樹形も崩れてしまいます。
そこから、梅は枝を切らないといけないという意味合いから「梅切らぬ馬鹿」という表現となっているのだとか。
また、梅には枝全体から直接花が咲くという特徴があります。
そのため、細かな枝を切り剪定した枝を伸ばしたほうが多くの花を咲かせるので「梅は(枝を)切ったほうがいい」とされているとも。

桜は、木が痛みやすいことからむやみに枝を剪定しないほうがいいとされることから「桜切る馬鹿」という表現となっているのだとか。
そして、桜は主に枝の先端に花を咲かせます。
剪定して枝を伸ばしても新たに花を咲かせる場所が増えるわけではありません。
そのため、桜は古くからある枝を大切に伸ばしていったほうが多くの花をさかせるので「桜は(枝を)切ってはいけない」とされているんだとか。

梅と桜は実は仲間

桜と梅、花の咲き方こそ異なりますが、実は分類上近しい仲間と言えます。

どちらもバラ科サクラ属の植物

桜と梅は、ともにバラ科サクラ属に分類される落葉広葉樹です。
そのため、かなり近しい存在だと言えます。

梅にまつわる言葉

ここからは梅にまつわる言葉について見ていきましょう。

梅にウグイス

「梅にウグイス」とは、取り合わせの良い存在のことをあらわしています。
美しく調和するものであったり絵になるものの例えとして使われます。

仲の良さをあらわす言葉でもありますが、実際に自然界に頻繁に見られる光景というわけではありません。
これは、中国で古くから詩であったり絵画の中でテーマとして扱われてきた存在として生まれた表現となっています。

梅の木学問

「梅の木学問」は、学び得るのは早いものの、その学問を究め大成することが無いという意味です。

梅の木は生長こそ早いものの大木というほどにはなりません。
10mほどが目安だとも言われています。
ヒノキが大きいものだと30mほど、杉が40m以上にもなるとされるのに比べると、たしかに小振りな木といえるかもしれませんね。

この梅の木の特徴から、向き合って早々に学び得たにも関わらず当人の素質などにより伸び代はない、そんな学問に対して用いられるようになりました。

梅の木分限

「梅の木分限」とは、急に金持ちになった人のことです。
生まれたのがいい家だったので金持ちなのではなく、成り上がった人物や成金のことを指します。
梅の成長が早く、すぐに果実が実るところから来た言葉となります。

桜にまつわる言葉

続いて桜にまつわる言葉についても見ていきましょう。

五月の桜で葉ばかりさま

「五月の桜で葉ばかりさま」には、「恐れ入ります」「ご苦労さまです」といった意味があります。
5月ともなれば、その木は葉桜になっています。

そして、「葉ばかりさま」は「憚り様」と掛けた一種の洒落です。
「憚り様」は、お世話になった相手に用いる挨拶の言葉です。
この言葉を直接言うのではなく、ダジャレて表現した言い回しということになります。

雲居の桜

「雲居(くもい)の桜」とは、春の日差しの中で御所の庭に咲き誇る桜のことを言います。
「雲居」は雲のあるのが遥か遠くことで、雲の上の存在にあたる皇居を指しています。。

宮中や御所の比喩的表現として使用される事もあります。

まとめ

「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿」は梅と桜それぞれの特性が異なることから来た言葉です。
梅や桜を育てている人なら知っているだろうことを知らない、つまり常識知らず・非常識という意味合いとなります。

特性が違うのだからというニュアンスを強調して、教育や指導の場などで用いられることもあります。